<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
最後に...
2004年すごくいい年やったと思う。

いい音楽に触れていいLIVEに触れてLIVEもやれて今年も
ええ年でしたわ。
相変わらず音楽通して色んな人と出会える事ができた。

これって本当にすごいと毎回思いますわ。
BAND通じて見ず知らずの人と知り合いになれるんですもんね。
音楽やってなかったら決して知り合う事ない訳ですから...

去年もBAND通じて色んな人知り合えたが今年もまた色々と出会えた。
そして今年から始めたこのBlog ここでも色んな人と知り合えた。
本当に感謝してます。

来年もきっとまた素敵な出会いがあるでしょう!!
そんな出会いを大切にまた来年も頑張ろうと思ってます。

みなさん 有難う!!

よいお年を!!
2004 Best Live 1  
ブルース伊賀の乱

出演artist
Papa Glows Funk
近藤房之助
ウエストロードブルースバンド


今年のNo1はやっぱこれしかない!!
このLIVEはGuitarshopの店長に誘われたんですがほんまにいってよかった。
伊賀までいった甲斐あった。

終わった後しばらく放心状態でした。
全部がトリみたいなBANDでが演奏のQualityはいいのは分かりきってる
のだが、それ以上の素晴らしい感動を味わえた。

音に魂が入りまくってるんです。
どの音とってもスゴイ!!
手穴全開鳥肌もんでした。
確かにテクニカルなGuitarもそれはそれでいいんやけど、それ以上に
大切な物を確かに感じ取れた。
本当にプロの演奏はすごい。
あの域にはなかなか到達出来ないだろうが、目指すはそこだなと
改めて実感できた瞬間でもあった。

2004年素晴らしいLIVE本当に有難う!!
2004 Best Live 2
Japan Blues Carnival

出演artist
Derek tracks Band
Mavis Staples
Otis Rush (Carlos Johnson)


このLIVE運よく最前列それもど真ん中で観る事ができたんです。
それもこんなええartist立て続けに観れるとは、興奮せずには
いれませんでした。

結果は予想以上の感動でした。
Derek,Mavis勿論素晴らしいのはいうまでもなかったけどやはり
トリのオーティスラッシュやった。
凄かった。泣いてしまった。

オ−ティスこのTourの前に脳梗塞をやってしまったらしく
ステージに現れた時は、自分で歩く事すら出来ない状況で
顔も変わってしまっており、そんな事知る由もなかった俺は
ほんまに驚いた。

それでも本能のようにGuitarを抱えて必死に弾きながら必死
に歌ってるオーティス。
もちろんまともに歌えたりGuitar弾けるはずもないが
オーディエンスには、彼のもどかしさ含め必死さが
伝わっている。
全員スタンディングオベーションで彼を迎える。
本当に感動的だった。
オーティス本当に有難う!! 素晴らしかった。

という事でサポートにカルロスジョンソンがGuitarサポート
してたが、これもすごくよかった。
熱かった!! 335のフィンガーピッキングから出てくる
Guitar toneは変幻自在 Guitarが歌ってる スゴイ!!

あの空間に入れて感動出来た事をほんま感謝してます!!
2004 Best Live 3  
The Sons

サンズというBANDは、ほんまLIVEが、凄い。
CD聴いてるでけでは、絶対体感出来ない物が沢山ある。
LIVEBANDやなとつくづく思う。
Ichiro率いる4人のBANDだが、4人とも強い個性があるんやけど
それが、決してマイナスになることなくケミストリーを起こし
オーディエンスに塊としてとんでくる。
息もつかせぬ怒涛の音魂がふりそそいでくる。
それもLIVE観る度に進化し続けている。
今まで色んなLIVE観てきたが、こんなLIVEは正直観た事なかった。
やはり、メンバー自身のテクニックは勿論ポテンシャルも図り
しれない 恐るべしサンズ!!
2004 Best Live
それにしても今日のカキコの量は半端じゃない。(笑)
ちょっとずつと思ってたけどさぼり過ぎたツケがまわってきとります。

今年は、久々に沢山のLIVEを観ました。
というか、無理してでも観にいきました。

なんで??というと理由がありまして...
昔からLIVEは好きやったんでよく観にいってたんですが最近は
よほど観たいと衝動にかられないと観にいってませんでした。

ある日、いつもお世話になってるGuitarshopの店長から
「ええLIVEは、無理してでも観にいくべき 家でGuitar弾くのも
いいけどLIVEから学ぶ物は、練習以上の物があるよ。
本当に勉強になるから やっぱ音楽はLIVEやで!!」と...
色々LIVE紹介してもらったせいもあって今年は、
かなり遠くでも無理して観にいった。
特に、ライブハウスが多かったですね。
観にいってほんま良かったと感謝してます。
中でもBlues Master塩次さんのLIVEは圧巻でした。

決してCDでは聴く事の出来ないartistの息遣いステージング
BAND内の掛け合いはもちろんオーディエンスとの掛け合い等
プロの凄さを間の当たりにしました。
微妙なtoneの使い分けベンド一つとっても奥が深い。
ほんまええ勉強になりました。

今後もええLIVEは無理してでも行こうと思ってます。
という訳で今年いったLIVEはええLIVE多すぎてチョイス
むずいんですがBest3挙げてみたいと思います!!
今年も終わりやね
ようやく片付けと買出しも終了して一息ついてます。
いや〜今日はデパ地下凄い人やったな〜
一気に疲れてまいましたわ。(笑)

今日は、昼前に起きて外見たらなんと初雪じゃないですか!!
うっすらとですが、ここ大阪でも積もってました。
その後の雨で雪なくなっちゃいましたケド
雪見るとウキウキしてまうんですよね〜 ←子供


うちのミウ(ワンコ)もトリミングに連れていって、どうやらヤツ
は散歩と勘違いしてはしゃぎまくってたが...
ゴメンよ!!雨で散歩は断念。
邪魔がいないうちにせっせと掃除に買出し いやぁ〜疲れましたわ


なんとか年越せそうです!!


今年最後の太陽 
あっという間に沈んでしまったけど...
うちのベランダからタイミングよく撮れました。
2004 Favorite Album #16

THE EASY WALKERS / gorilla★sexy

なんしか黒い!! 黒すぎる!!
ノッケから土臭いperにBassが絡みつきSlideがむせび泣く。
めちゃくちゃかっこええ!! 
こんな日本のBANDは他におらんぞー

1曲目からミドルテンポでぐいぐい腰にくる感じ。
ひたすら怪しい!!
こんな曲を1曲目に持ってくるのがにくい!!というか
それがEasyらしさなんだろう!!おもわずニンマリ

アルバム全体通して60〜70年代のかっちょええRockが見え隠れする。
Easyの解釈でNewGrooveが生まれてる感じ。
バラードはSoulと演歌を感じてしまう(笑)
ブルーズをルーツとしたロックンロール。
JimmyのGuitarもピッキングニュアンスが如実に出て歌いまくってる。
そこにJesseのGuitarリフが絡みつく。
ラストのMemphisは完全Stones,Faces状態!!
黒いstonesがそこにはいる。
アドレナリン出まくり!!
なんしかかっちょええ!! 
こんなBANDがいて本間に幸せだ!!

最近リリースしたばかりだが、今はどこにいくにも一緒だ!!

後、このアルバムとこのアルバムもFavorite!!

Camino / Live 1976
THE SONS / TAOS

どれも素晴らしい日本人artistですわ!!

以上が2004年度BESTアルバム
意外と沢山ありましたなぁ〜
ええ音楽に包まれて幸せでした!!
流石に書き疲れました。(笑)

今年も残すとこ僅かですね!!
2004 Favorite Album #15

Aerosmith / Honkin'on Bobo

エアロスミスのブルーズカヴァー集。
前作は、pro toolsを導入してRECしていたが、本アルバムは、
心機一転Bluesカバー(原点回帰)という事もあって一発録り
だそうだ。
そのせいもあってかすごく生々しくていい!!

このアルバム俺的な解釈をするとブルーズカヴァーというかエアロ
のオリジナルの新作という感じがしてならない。
別に原曲をrespectしてないという言い方は乱暴だが、完全にエアロ
の中で一旦吸収消化されてから放出されてるせいか、エアロの曲に
完全になってしまってる。
それはLIVEを観た時、更に確信出来た。
これはこれでCoolやと思うし大好きだ。
DEEPな感じも出てるしね!!
彼等のルーツが分かるアルバム。
エアロ流ブルーズアルバムなのだ!!
2004 Favorite Album #14

Donny Hathaway / These Songs For You Live

このLIVE未発表音源が出た時、正直嬉しかった。
それはいうまでもなく「LIVE」が大好きだから!!
またダニーの素晴らしい歌声が聴けるそんな思いで待ってたアルバム
新たにBeatles,Stevie Wonderのカヴァーも聴けるがやっぱり
全曲いい。

ダニーの歌声は、本当に暖かい。
全てを包みこむような感じで、すごく癒される。
穏やかやけど深くDEEPな世界にいざなわれる感じなのだ。
そして、コーネルデュプリーのGuitarがバックで支える。
泣けるよ!!

この音源発表してくれた人に感謝感謝!!
2004 Favorite Album #13

Joss Stone / Mind Body & Soul

確かデビュー作が15歳でデビューした彼女。
アルバムは、カバーだったもののそのソウルフルな歌声からは全然
想像すらできまへんでした。
説得力のある歌いっぷりに度肝ぬかれましたね。
そんな彼女の2作目はオリジナル曲。
やはりすごい...その一言につきる。
60,70年soulなんですよね〜
思わずにやけるぐらいに...