<< October 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
Come a Little Closer
 
ようやく、Etta Jamesのチェス期までやってきました。(笑)
ドラッグ・ジャンキーどん底から這い上がってきたアルバム。
Etta Jamesの数あるアルバムの中でも、個人的にお気に入りの3枚の中に入るアルバムです。

Etta James / Come a Little Closer (1974)


いやぁ~ いつ聴いても素晴らしい♪ このファンクネス!やべぇーっす(笑)
Ettaさんの存在感も凄くて、あの垂直的に立ち上がってく歌声に、血沸き立つ、肉踊るバック陣と共に凄い事になってますな♪(笑)

あの素晴らしきライヴ盤「ライヴロックス・ザ・ハウス」の裏ジャケで、「Etta Jamesの魅力は、なんといってもライヴ、だからライヴ・レコードを作る事にしたんだ。」とは、Ettaさんを育てたチェス・レコードのRalph Bassの弁。 スタジオ盤でも反ってまうのに、ライヴ見られた方は、羨まし過ぎですな。(笑)

で、このCome a Little Closer 針を落とすと、ブラック・ムーヴィーのサントラに使われてそうな「Out on the Street Again」からいきなり、かっちょええファンクが繰り広げられてます。ホーンにストリングス、ゴスペル・クワイヤーの配置も抜群♪ ゾクゾクしますわ。

「Mamma Told Me」のアッパー!な、かっちょよすぎる!Lord Have Mercy!!(笑)ゴスペル・ナンバーに、「You Give me What I Want」「Power Play」のかっちょよさ!ときたら!腰にきやがりまくる怒涛のファンクネス♪ 

後者は、Steppenwolfのカヴァーと思えない出来♪(笑)まるで、Robert Palmer meets Meters & Little Featのような、高らかに鳴りまくるホーン隊に、ブロウしまくるサックスといい、あのニューオリンズ・ファンクのような粘着質なグルーヴが、かっちょよすぎ!ですわ。素晴らしい♪

これだけのグルーヴを生みだすバック陣もこれまた素晴らしい人が、集結してる訳でして、ギターには、Lowell George (あの得意技!かっちょよい!シャカシャカ・フィードバック・スライド披露してまっせ!)、Melvin Wah Wah Watson,Danny Kortchmar黒い部分は、Chuck Rainey,Ken Spider Rice,Gary Coleman ゴスペル・クワイヤーには、BlackberriesのVenetta Fields他、ホーンには、Bobby Keys,Jim Horn他 本間に素晴らしい演奏繰り広げてはります♪

カヴァーも先のSteppenwolfにそのwolfもカヴァーしてはったDon Covayに、ブルースの元祖W.C.Handy,Randy Newman と相変わらずEttaさんの曲になってはりますね♪

なんしか、Etta Jamesとバック陣の、パワフルかつ重厚な歌声とグルーヴの絡みが素晴らしい一枚♪ なんしかサイコー♪

Deep In The Night
 
チェスの契約が切れたEtta Jamesの元を即座に訪れたJerry Wexler。

念願のお仕事第一弾が、「Deep in the Night」

Etta James / Deep in the Night  (1978)


先日のマッスル・ショールズ盤と同じく、豪華なゲスト陣ですな。

特にここぞ!という時にJerry Wexlerさんが起用する、NYCの腕利きアーチスト、KingpinsのCornell DupreeはじめRichard Tee,Chuck Rainey,Larry Carlton,Jeff Porccaro,Keith Johnson等々... 百戦錬磨名盤裏の必殺仕事人が、名前を連ねてはります。

Aretha Franklinの時のように、ゴスペル合唱団を配置してるのも見逃せませんね。ちなみに、私の好きなMerry Claytonさんも参加してはります♪ 恐らくJerry Wexlerさんの描きたかった光景は、Aretha Franklinの時とかぶる所が多かったのでは?と思わせるキャスティングとアレンジですな。

Etta Jamesさんにとっては、ちょいと洗練されてますが、ゴスペル!Eaglesのそれは、まるで別の曲のような、どこまでも高く昇り詰める躍動感に満ち溢れココロ踊らされまっせ♪ サイコー♪

そのJerry Wexlerの用意したと思われる曲もそのEaglesから、Arethaの姉貴の曲にAllan Toussaint,Hank Williamsから、Alice Cooperまで、見事に彼女色に染め上げてるのは、流石!といった所でしょうか?(笑)

ラストのBlind Girlは、彼女の代表曲のセルフ・カヴァー この曲、ホントにかっちょいいよなぁ~ あ~痺れる!

Give it up
 
youtubeで、新旧色んな動画を観ましたが、それにしても容姿が... まるで、別人のように、痩せたり太ったり、相当キツイ生活を強いられてはったのと、想像に難くないですな。

という訳で、本日もEtta Jamesさん。 1992年のマッスル・ショールズ作品。

この盤は、あまり取り上げられる事が無くて残念なのですが、個人的には大好きな盤。

Etta James / The Right Time  (1992)


ご存じ、アトランティック・レコードの鼻効き仕事人、Jerry Wexler。 沢山の女性ヴォーカリストをせっせとアジト、マッスル・ショールズへと送りこんではりますが(笑)中でも、どうしてもお仕事したかったのが、Etta Jamesさん。 なんと!チェス時代には「無償で、レコード作っちゃったよ」と本人が言ってましたが、その意気込み半端無しですな。(笑)...で、彼女がチェスと契約が切れるやいなや、彼女の元に飛んで行ったらしいです。(笑)

あの20代のRick Hallの下マッスル・ショールズを訪れた、パワフルで、存在感に満ち溢れまくってた雰囲気とは一味違った Ettaさんが、ここにいてはりますヨ。

これぞ!Jerry Wexlerのお仕事!と頷けるミドルな、ボディー・ブローが、じわりじわりと効いてきやがる(笑)いいアルバムです♪ ソウル,ブルースなEttaさんを前面に出してるのも好印象ですナ♪

当然ながら、マッスル・ショールズ,フェイム・ギャング楽団の面々(詳細割愛・笑)にSteve Cropper,Willie Weeksまでも呼んできてはります。Jerryさんの力の入れようが分かりますな(笑)

そして、中でも素晴らしい歌をEttaさんと共に披露してるのが、Steve Winwoodさん。Allan Toussaintの「Give it up」の素晴らしさときたら♪ サイコーですな♪

曲も実にレイド・バックしたナイスな選曲で、George Jackson (この辺はJerryさんが用意しはったのかな?)Al Green,Wilson Pickett,Ray Charles,チェス時代には、バック・コーラスをやってはったChuck Berry('78stonesでも記憶に新しいLet it Rock)の曲をソウルな曲に見事に調理してはります。

腰を据えてレイド・バックした中、じっくり歌を聴かせてくれるEtta Jamesも実に素晴しいです!


R.I.P. Jerry Wexler Etta James

ワイルドで行こう
 
本日は、バイカーズ・アンセム Steppen Wolf。

ブルースに、 Chuck Berry大好き!なJohn Kayさん率いるバンド。

その昔、デイトナに遊びに行った時、ヒッピーが集まる集会の

屋外ステージに出てくるバンドが必ず「Born to be Wild」

を演奏してたのには、流石に笑えたなぁ。(爆) 

サイケデリック撒き散らすファズ・ギターに、男汁ほとばしる(爆)

John Kayさんのヴォーカルは、かっちょいいネ♪ 

Don CovayのSookie Sookieのカヴァーも、大好き♪


最後はお約束のヘヴィーメタル・サンダー(笑)

血沸き立つ!中村達也,コチラもかっちょええな♪

Q heads
 
多くのアーチストに愛されるトラヴェリン・バンド、nrbq。 

カヴァーも最高ですな♪




dan bairdの兄貴に、無骨なsteve earle、ナッシュヴィル・アレンジのyo la tengo、settieの「ridin' my car」(最近では、she & himも記憶に新しいトコ)のカヴァーで、改めて美し過ぎる珠玉のポップ・ナンバーだと再確認、小原礼さんも参加したBonnie Raittでのカヴァー、qの曲では無いけど、johnny cashの「get rhythm」 中でも、Los Lobosのカヴァーの素晴らしい事♪ 最高でっせ♪

 

r.e.m. , costello, bonnie raitt, paul mccartney,wide spread panic 色んな人に愛されてますね♪



keithさんも、chuck berry band、自身のバンドにもQの joey spampinatoを起用してはります。 「joeyは、ベース・ギターで、あのアップライト・ベースなchuckのスィング感を生みだすんだゼ!全くもって信じれないよ」と、絶賛!してはりますナ♪

Mr Soul Shaker
     

正月に、楽しんでたのが、Daryll Hallさん家のジャム・セッション。
暫く観てない間に、随分と色んなゲストが来てて、素晴らしい演奏を満喫してました♪

今日は、その中でも素晴らしい演奏を魅せてくれる、7・3横分け(爆)の、ミスター・ソウル・シェイカー!Eli Paperboy Reed。なんか、見てくれが、演歌歌手っぽくてヨロシイっすナ!服のセンスといい、なんか日本人っぽくて親近感湧きますわ♪(爆) 愛しのテキサス・ソウルマンFreddy Fenderの哀愁があって、好きだなぁ〜... この人(笑)




南部の泥臭いサザン・ソウル臭プンプンの、最高にいかしたヤツ! いやぁ〜南部なソウル好きな人は、彼の歌心溢れまくりの歌と演奏を耳にしたら、思わず頬も緩んでしまうと事、請け合いですナ!!

そんなEliさんは、マサチューセッツ州の出身で、高校卒業と共にミシシッピー・デルタは、悪魔の十字路(笑)クラークスデイルへ出向き、デルタ・ブルース・マンSam Carrと共に、夜な夜な繰り広げられる、黒い宴ジューク・ジョイントで、腕を磨きまくってたらしい。

なるほど!デビュー・アルバムでの、ブルース、ゴスペルまみれの南部臭は、ここで培われたモノなんだろう。 ダンスのステップまで聞えてきそうな、怪しい泥まみれの黒い宴が、(笑)突きさりまくりですわ♪ ファット・ポッサムから、出ててもおかしくないっすな。(笑)

2ndからは、随分とデルタ臭はかなり消えて、いい意味で、洗練されたソウル・マンへと見事に変身を遂げてますが、やはり南部のいなたさと洗練された部分がいい塩梅で、交り合っててかっちょイイ事には、変わり無し!暑苦し過ぎる(爆)歌が、果てしなく素晴らしい♪


Daryllさん家でのFalconsのカヴァーにトラディショナルな、Pilgrimのカヴァーといい選曲もシブイとこ突いてきはりますなぁ〜♪

それにしても、Take My Love with Youに、So Tired of Wonderingのカッチョイイコト!悶絶必至 ヤバスギルゼ!! コリャ...(滝汗)

間もなく発売のPepper Pots!との音源も楽しみ♪ 
さてはて、今回は、モータウンな感じになるのでしょうかね? 
それとも、三声ジャマイカ?

Bonnie Bramlett / Lady's Choice
 
ゴスペル・ルーツなフィーメイル・ヴォーカリストは、個人的に大好物なんですが、その中でも、私の中で、一つ抜きに出てはる人が、Bonnie Blamlettさんです♪

男らしいというか、ロックをビシビシ感じるといいましょうか、かっちょええっすね♪

やっぱり、この人ソロとしても素ん晴らしぃのですが!ピンよりデュオの方が、不思議と更に映えるんですよね♪ 要所要所で、ビシッと決めてくれるというかなんというか...(笑)

そういう意味では、ソロになってからも色んな相方さんと演ってはりますが、相性抜群のDlaney & Bonnieが、やっぱりサイコーですな♪

で、今日は、昨日のJimmy Hallさんともコラボってるアルバム「Lady's Choice」

Bonnie Bramlett / Lady's Choice  (1976)


キャプリコーン・レーベルから、場所は、マッスル・ショールズ、プロデュースには、Johnny Sandlin バックは、マッスル・ショールズ楽団にCowboy、ゲストには、キャプリコーンゆかりの仲間達が、曲毎に参加してはります。

Hour GlassのPaul Hornsby,Allmansからは、Chuck Leavell,Gregg Allman, Dickey Betts Wet Willieからは、Jimmy Hall,Ricky Hirsch 先日お亡くなりになられたDobie Gray(合掌),Dominosからは、Bobby Whitlock,Randall Bramlettと、(誰か忘れてそうな気がしなくてもないですが・笑)まぁ流石マッスル・ショールズ!といいましょうか、豪華ですな。

曲も、Lowman Pauling(The 5Royales)のThinkから始まる南部なカヴァーのオンパレード♪

悪いわけがないです(笑)

Bobby Blue Blandでもお馴染みのGreggとのコラボ「Two Steps From The Blues」やHank BalladのBobby Whitlockとのスワンピーな「Let's Go, Let's Go, Let's Go」Dylanの「Forever Young」辺りは実にいい味出てますなぁ〜

そして、Jimmy Hall のアルバムにも逆に参加してはるんですが、これが、またロックしまくってて、かっちょええんですわ♪

ブロガーさんに頂いた、The Mighty Jeremiahsは、更にサザン・ロックしてて、かっちょええバンドでして、南部な匂いがプンプンしてきますな。エルモア三連ナンバーもかっちょよすぎる!スライドが、またええんだわ♪(笑) Bonnieさんが、参加する「takin back my name」なんて、やばいぐらいにかっちょええがな(笑) サイコー♪


Bonnieさんかっちょええネ!!

 

バー滑らせてないのにスライドの音が何故か?するのは、ご愛嬌で...(爆)

Jimmy Hall / Rendezvous With The Blues
 
今日も、理屈抜きに楽しめる♪ ブルース&ソウルな、Jimmy Hallさん。

中身は、サイコー!なのですが、知名度は、B級いや、C級??(笑)

Jimmy Hall / Rendezvous with the Blues  (1996)


本間この盤も、エエんすよね♪ 素晴らしい一枚です♪

Hour Glass、キャプリコーン・レーベルのプロデューサーJohnny Sandlinの下、実にエエ雰囲気で転がりまくっております♪

Jimmyさんのアルバムの中でも、気の知れたフェイム・ギャング&マッスル・メン(Gregg Allmanのアルバムに参加したメンツ)と組んだアルバムは、阿吽の呼吸といいましょうか?...格別ですな♪ 昨日のGerry Groom & Mick Taylorのように、雰囲気詰まる所、メンバー自身の楽しそうなジャムが、なんしかええんですよね。

こちらも、シカゴ・ブルースからNighthawks,Sam Cooke,Ray Charlesへと、あのマッスル・メンをバックに、Jimmy Hallの粘り腰のソウルフルな歌声に、ハープ、Jack Pearsonのスライド・ラインが描く軌道の素晴らしい事。ギターのトーンも、これまたええですがな。

J.B.Huttoから 、転がり始める ロッキン・ブルースに、セカンドライン、スタックス・ブルースと、終始スゥィンギン・ロールで、最高、最高♪

Jimmyさんは、Allmansの弟分でWet willieっちゅうバンドでデビュー、Jackさんも、Allmansを支えた実にエエ味を出す、大好きなプレイヤーなんやケド、陽の当たらない裏街道まっしぐら(笑)なんすよね。残念ッス。(涙)



そのJimmy Hallさん、Long Playersという名盤を丸ごとカヴァーする、なんともおもろいプロジェクトに、Dan Bairdの兄貴や、Bobby Keys等に交じって参加してはりましてですな...こちらも実に楽しそう♪ちなみに本日は、Georgeの「All Things Must Pass」のLiveが、行われるようです。

Jimmy HallのJumpin Jack!Satisfaction!!といい、Dan Baird兄貴のBrown Sugar といい!!かっちょええネ! こっちも最高だわ♪

Gerry Groom & Mick Taylor
 
John Mayall & The Blues Breakersでの、Otis Rushの名演、Keef Hartley Bandそして、’73 StonesのLive(若干弾き倒し過ぎ感もなくはないですが...笑)と、ここの所、改めてMick Taylorを何かとよく聴いております。

本日は、そんなMick Taylor参加のアルバムでも、しっぶ~ぃスライドが、たっぷり楽しめる大好きなアルバムをば...

Duane Allmanの弟子だった、Gerry GroomとMick Taylorのブルース・アルバム。

バンド・メンバーは、太鼓には、Gov't MuleのMatt Abtsがいたりと...

一体?どういう繫がりなんでしょうかね?

選曲もデルタ&シカゴ・ブルースに、Dale Hawkinsとゴキゲンで、ええんすよね♪

Duaneから直接手ほどきを受けたスライド(そんなに粘っこくはないですが・笑)と、Mick Taylorのお二方のスライドが、なんしかサイコー♪

なんといっても、メンバーが、楽しそうにジャム!ってるのが、実にえぇーんですわ! 
ブルースへの愛情たっぷり詰まっております。

こういうアルバムって、理屈抜きに!本間楽しめまんなぁ~

Gerry Groom,Mick Taylor and Friends / Once in a Blue Moon  (1992)
枯れてもなお、味わい深し
 
今日も、Sumlinさんを偲んで...


先日紹介したDoug Sahm盤も然り、テキサスのアントンズ・レーベルの盤って凄くいいっすよね♪ 全盛期から一旦遠ざかって、また気の合う仲間達と、音を楽しみながら、RECしてる雰囲気が音を通じて伝わってきますよね♪ 本間!もぅ最高♪ 枯れてもまた味わい深し! 本間大好きですわ。 それも偏に、愛すべき音楽バカ!(笑)Clifford Antoneの仕業ですな♪ このおっちゃんの功績は、もっともっと、讃えられるべきかと常々思っております。

そんなアントン・レーベルから発表されたHubert Sumlin参加の2枚。

ウエスト・メンフィス時代にWolfさんと、Sumlinさんとも活動してはった、James Cottonに、Muddy Waters BandのOtis Spannの後釜として、活躍したPinetop Perkins Bandのメンバーとして参加してはります♪

バックは、勿論!プロデュースには、Clifford Antone,Derek O' Brien,Denny Freeman,George Rains等そうアントンズ・バンドが、ガッチリと脇を固めております。

Cotton盤では、メンフィス&シカゴ&テキサスゆかりの曲がセレクトされており、バックも曲に合わせてゲスト陣が参加、Muddyの曲には、Matt Murphy,Luther Tucker、T-Boneのあの曲は、勿論!Wayne Bennett(ギター最高!相変わらず、エロいねぇ〜・爆)Sonny Boy供Little Walterの曲では、この二人直系のCottonのブロウが、楽しめます♪そして、Anonesなもう一人のゲストは、ThunderbirdsからJimmie Vaughanが、参加してはるのも、個人的に嬉しいですね♪ Sumlinさんは、Wolf,Muddyに、Sonny Boy兇龍覆濃臆叩▲レのいいファンキー・ギターと、SRVへと受け継がれているあのタメのある、グリッサンド奏法は、即Sumlinさんのギターと分かります♪

Perkins盤も、これまた最高!でして、バックは、同じくAntones Bandに、James Cotton他Muddy Band、そして、Thunderbirdsからは、大好きなハーピストKim Wilsonが、全面参加。Wolfも歌ったSt.Louis Jimmyのカヴァー「Going Down Slow」ではFran Christinaのお名前も...メンフィスのRosco Gordonに、Louis Jordan,Jimmy Reed Elmore James,Charles Brownのゴキゲンな、ナンバーと共にPerkinsの転がりまくる鍵盤とKim Wilsonのブロウが、最高です。Sumlinさんは、Muddy Bandと共にTommy Tuckerの曲で参加。こちらも、聴けばそれと分かるあの独特なベンドのソロを弾いてはります。

Clifford Antoneに、Pinetop Perkinsさんも、今年亡くなってしまいました。

改めて、このアルバムに参加してはる、今は亡き3人に乾杯♪