<< June 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
mike finnigan

Etta James ,Taj Mahal バンド

そして昨日の 西海岸ブルース同盟と....

ブルースを基軸とした活動も素晴らしい 

Mike Finniganさんですが

やっぱり!アメリカ南部の空気を たらふく吸い込み

ルーラルで、豊潤、ゆったりと流れていく時間と共に

哀愁が、じわりと滲み出ていく感触は

職人Mike Finniganという男が

音の糸を丹精込めて一本、一本 丁寧に織り込み

紡ぎ出すような、他の何にも 替え難きモンです♪


そんな 1976年のマッスル・ショールズでのソロ・アルバムは

豪快かつ、繊細な Mike Finniganさんならではの 

お仕事と 信じて止みませぬ♪

Jerry Hahn Brotherhood / Same  (1970)


こちらはJerry Hahn Brotherhood

中には、インプロ・ジャズ・ジャムやOrnette Coleman

のカヴァーなんかも あったりするけど

全体的に、ナッシュヴィル・ルーツな

アメリカ南部スワンプな部分も味わえる一枚

聴いたら、すぐにそれと分かるFinniganさん

のプレイと歌は、やはり素晴らしい♪

ニグロ・スピリチュアル・ルーツなゴスペル・ロックも

かっちょいいっす♪

Dudek Finnigan Krueger / The DFK  (1980)

そういえば、Dave Mason Bandでも素晴らしいブルースを聴かせてくれた

Jim Krueger,スライドの名手Les Dudekとのバンド

D.F.K.っちゅうバンドもありました(笑)

Mike Finnigan / Same  (1976)

そして、名盤 Mike Finnigan

Jerry Wexler 直々のプロデュースに

アジト、マッスル・ショールズでの録音

マッスル・ショールズと、いうよりか

ウッドストックの印象が頭に残るのは

Amos Garrett, Maria Muldaur, Dixieland Horns

の参加に加えて、Jesse Winchester, Allen Toussaint

Lee Dorsey, John Sebastian

の曲を取り上げてるせいですかね?


ニューヨークの人里離れたウッドストック

第二のニューオリンズ

NYCからは、Dylan、Geoff & Maria Muldaur

カナダそして、デルタからは、The Band

シカゴからは、Paul Butterfield

ニューオリンズからは、Ronnie Barron等々...

そして、この地で育まれた音を聴いてると

やはりこの人の影響が大きかったんでしょうね

同じくニューオリンズから、流れ着いたBobby Charles



カリブ海に面した 土地柄

フランス,スペイン領だった事もあるクレオール文化

南北戦争に敗北した 南軍軍楽隊の楽器を

黒人が 手にする事によって あのブルースが

パレード、ブラス・バンド・スタイルに、 変化

ディキシーランド・ジャズへと...


話が、それてまいましたが(汗)

このアルバムでも 「Ace in the Hole」で

そんな瞬間が 訪れますな♪

ニューオリンズのワイワイ、ガヤガヤ感

サイコー♪♪♪

後、Amos Garrettのギターも 素晴らしいっすね

トロンボーンのラインをギターに 置き換えてるかのような

独特で、素晴らしいラインを 紡いでますな♪


「New York State of Mind」

「Misery Loves Company」

辺りでのAmosのプレイは、泣かせますなぁ〜

Misery...での、Amosのオハコ 

低音のコーラスもしぶいねぇ〜


そして、なんといっても、Mike Finniganと

マッスル・ショールズ楽団との 哀愁深い音の数々...

南部な 「Southern Lady」

「Mississippi on my Mind」

いいねぇぇぇ〜

加えて 「Performance」に

転がりまくる「Baby, I Found Out」

瑞々しい(笑)歌声も素晴らしい♪

Maria Muldaurとの 「Holy Cow」

マッスル・ショールズ・ホーンの ブロウもいいね♪


まぁ〜 結局、捨て曲無しの名盤なので あ〜る(爆)



death letter blues


本日は、Dave Mason ブルース・サイド


C面のトップを飾るのは 

Mike Finniganの出番

Peter Framptonもビックリ(笑)

Jim Kruegerのトーキング・モジュレーターも炸裂する

ブルースの古典 「Goin' Down Slow」 


Dave Masonのソロに関しては、スワンプ繋がりの

一部しか聴いてないので、メンバーの流れについて詳しくは

知らないのですが、西海岸の風が吹いたかと思えば

アーシーで、黒いフィーリングが、溢れ出す

このライヴ・アルバム 改めて かっちょいいっすね♪


そのMike Finniganさん

ちょいと前になりますが、Dave Masonの新作に

L.A. Blues Alliance にも参加してはりました

どちらも素晴らしい作品でしたが

本日はL.A. Blues Allianceを


見ての通り、凄いメンツの同盟でして...

唯一の欠点は、上手すぎる事でしょうか?(笑)



メンバーの大半がリード・ヴォーカルをとれる強者集団

のっけから、豪快なMike Finniganの喉と鍵盤がうなりまくり

ブルースや、カントリー、ソウルの古典を取り上げつつ

モダンで、洗練された ブルースを演ってはります


Son HouseでのMike Finnigan

Stevie Wonderでの Amy Keysの存在感に

Skip Jamesの素朴で、柔らかいラインと対照的な

メタリックな ギター・ラインに、Johnny Cashでの

エモーショナルな Sonny Landrethの

スライドもよろしおすなぁ〜


特筆すべきなのが、シカゴ仕込みの

Stanley Behrensのハープ

そして、影の立役者Keb' Moですな♪

ええ感じに、このメンツを有機的に 結び付けてますわ

L.A. Blues Alliance / What a Life  (2007)

take it to the limit




本日は、Dave Mason アコースティック・サイド

黒いファンク・ロックの間に

西海岸から、運び込まれてくる風が

サイコー♪


思わず Eaglesに、Etta Jamesも

取り出してきちまった(笑)


言わずもがな、Eaglesの名曲

「Take it to the Limit」

ゆったりと、どこまでも流れていく時間と

ハーモニーの美しさに うっとり


一方の Eatta James

彼女に心底 惚れ込んだ チェス時代には

なんと!無償で レコードまで制作したという 

Jerry Wexlerが プロデュース 

Cornell Dupree Chuck Rainey等 

腕利きのアーチストを集め作られた作品

ロケーションは、西海岸

恐らく Jerry Wexlerと 腕利きアーチストが

用意した曲に、腕利き音楽家の取り合わせも

なんとも、おもしろい 組み合わせ

しかし、Ettaさんにとっては、どこ吹く風(笑)

我が道を行く!ですな

この Eaglesの曲も 然り

完全に 昇華してはります♪

自分の曲に してはりますわ

お見事!の一言!!


そりゃ Jerry Wexlerさんも 惚れるわな(笑)

あまり取り上げられる事のないアルバムですが

素晴らしい♪

改めて偉大さを 感じずには いられまへん

 こちらのライヴも 悶絶! 


happy holidays
 

Happy Merry Christmas !!



Irma姐さん 痺れるゼぇ〜

サイコーのクリスマス・ソングだぜ!!




merry christmas baby

寒いっすね〜

気づけば、師走も終盤



さて、毎年恒例 Warren Haynes 

主催のChristmas jam

今年は、New Orleans勢に

The Blind Boys of Alabama

Sheryl 姉さんにS.C.I.と...



いやぁ〜 楽しそうですなぁ〜


本日は、振り返る事12年前

1999年のChristmas jammin'


dTb、Susan Tedeschi 

ex.The Black Crowesの Cry of Love

Edwin McCainが、ゲスト



まだ、Mike Mattison迎える前のdTbですが

Derek Trucksのプレイは、やばいっすね♪

火花散らしまくってます(笑)

緩急自在 切れ味鋭いっすね♪

dTb / Rastaman Chant
dTb / Chicken Strut
dTb w/ Col.Bruce Hampton & Jimmy Herring / Yield Not to Temptation-Turn On Your Lovelight


特に、ラスタ・ナンバーの「Rastaman Chant」

静かなる闘志を燃やす(笑) Todd Smallieが

かっちょいいジャコパスの「Chicken」

そして師匠 Jimmy Herring Col.Bruce Hanpton

ex.Allman Brothers BandのJohnny Neel迎え

アッパーな、ゴスペル・トラディショナル

「Yield not to Temptation」

Bobby Blandに、Blues Brothersでもお馴染みの

「Turn on your Lovelight」辺りは、圧巻ですな



そして、オーラスは、Warren Haynesや、Susan Tedeschiも

敬愛するブルース・アンド・ソウルマン

Little Miltonさん

昨日のBonnie Bramlettもかつては

彼の下で、腕を磨いてはりました


Gov't Mule w/ Little Milton ,Susan Tedeschi,Derek Trucks & Johnny Neel / Merry Christmas Baby


Derek Trucksの表現豊かなスライド・ライン

と、Warren Haynesのギター・ラインの

コール・アンド・レスポンス

素晴らしい会話が、堪能出来まっせ♪


Miltonさんと共に サイコー!の

クリスマス・ブルースやね


シカゴ・チェス時代に、メンフィス・スタックス時代

そして、マラコと黒人に愛されたMiltonさん

素晴らしいっすな♪




dave mason



最近、何かと 耳にしてるのが  この人



いち早く、海を渡り アメリカ南部の沼地に

足を踏み入れた

Dave Masonさん


この人も、あまりスポットが当たりませんが

聴いていると、人となりですなぁ〜♪


George Harrison , Delaney & Bonnie

Derek & the Dominosの交友といい...

マッスル・ショールズ・ジャミン

盟友 Mike Finniganとの

蜜月な関係(爆)といい...

スワンプ沼は

行きはヨイヨイ 帰りはコワイ

一度 入ったら 最後

底なし沼なのである...(爆)


Dave Mason / If You've Got Love



 

そういえば、ニューヨークで観た

オールマンズのゲストで 来てはりました

はじめは、どこぞの、レスラーかいな?

...と思ってましたが(爆)

Dylan & Jimi のこの曲に

大歓声でした♪







louisiana soul queen


ここ最近、皆目ライヴに 参戦出来てなかったのですが

中でも、痛恨の極み(笑)だったのが

Irma Thomasさん



今も、昔も変わらず

えぇ音 追及してはるんすよねぇ〜


スワンプ・ポップな レイン・ソング

Stonesでも お馴染み Time is on my side

Dan Pennソング集に

Duane Allmanとのセッションと...



今年のクリスマスは、ルイジアナ・サタデイ・ナイトだな♪(笑)





おっと!

生涯現役

Dave Bartholomewさん!

素晴らしいネ♪

Stonesも、後20年!いける(笑)



good to see you
 









shake








 
bbc one the one show