<< December 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< R.I.P. Bobby Charles | main | ノー・エクスキューズ >>
15年
あれから15年。

わが家も無茶苦茶になってしまったが、幸いにも身内含めて命があった事に感謝。

何もする事が出来なかったあの下からマグマが噴き出すかのように突き上げて

くるような揺れは、今考えても恐ろしくなるが、本当に怖かったのは震災後日の事。

道は寸断され、倒壊した家の砂埃が舞い、道端には遺体や、泣き叫ぶ人。

来る日も来る日も、鳴り止む事のないサイレンの音。

目から耳から入ってくる情報にパニック、気が滅入ってしまいそうだった。

駅に出るまでの長い道中、何度も救助の手伝いをした。

あの光景は、絶対に忘れられない。

奇しくも、voodooの聖地ハイチでも震災が起こってしまった。

TV観てても、あの日がフラッシュバックする惨状に、調査隊等を現地に送ってる

政府の鈍感さに、思わず笑ってしまった。
スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://voodoochains.jugem.cc/trackback/1001
TRACKBACK