<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< KING's Raw Soul | main | Jerry Garcia & Mearl Saunders >>
Steve Kimock
随分と濃くなってきたので、この辺で、ニュートラルに...(笑)
間もなく、ヤクの日(笑)という事で、Steve Kimock で、のんびりモード。

亡きJerry Garciaの遺志を受け継ぎ、Warren Haynes,Jimmy Herring,Joan Osborneそして今日紹介するSteve Kimockを迎え入れ、フォーマットは、違えど今も進化続ける Phil Lesh & Bob Weir。一時は、別の道を歩んでた二人、最近では、また合流してThe Dead や、Furthurと充実した音を作り出してますね。素晴らしいです!

...で、Steve Kimock。
Kimockの放つ音色は、コズミックで、どこまでも拡散し続けるかのような光のように、非常に自由度の高い、澄んだ青空のような透明感のある音を奏でてくれます。
それは、マジック・カーペット・ライドのような、どこに着地するか予測不能な、正にGrateful Deadが、作り続けてきた曲を継ぎ貼りしたインプロ・ジャムの世界に通じる物がありますね。
フレキシブルなサウンドが、すごく安堵感を与えてくれて、心地良いです♪

Steve Kimock Band / Eudemonic  (2005)

特に自身のバンドSKBは、すごく開放感に満ち溢れてて、最高です。
Brecker Brothers,Santana,The Bandとの活動でも知られるMr.Telecaster!Jim WeiderのバンドにもいてはったRodney Holmesと、こちらもSantana,Jazz Is Deadで弾いてはるAlphonso Johnsonのリズム隊が、これまたいいんですよ♪そのグルーヴをすりぬけていくKimockのギターが、一段と際立ってますね!本当に心を解き放ってくれる最高のヴァイヴレーションです♪


他にも,Deadのカヴァー・バンド、Jazz Is Deadで、私の大好きなDerek Trucksと参加してますが、残念ながらこのアルバムでは、絡んでません。Kimockは、DeadのStella BluesをJimmy Herringと天高く奏でてます♪

後、一人ジャム・バンド(笑)事、Keller Williamsのアルバムにも参加、こちらでも、ナイスなコズミック・ジャムが展開されてまっせー このアルバム書き始めると長くなるので、割愛しますが、他にもナイスなゲスト陣(強者!ジャム・バンド勢)揃い踏みで、最高のジャムが繰り広げられてます♪

The Other Ones / The strange Remain  (1999)

そして、The Other Onesとして戻ってきたGrateful Dead。
勿論ギターには、Steve Kimockが迎え入れられます。
Jerryもお気に入りだったという、Kimock Sound聴けば、なるほど頷いてまいます。
自由度の高いKimockのギターには、Deadの曲にめちゃくちゃフィットしますな。
Sugaree始めとするゆるーぃタッチは、堪りまへんで♪

素晴らしい表現者です!!

さてと、明日は何を聴こっか?  思案中...

スポンサーサイト
もうキモックに関してはクレイジーなので、いっぱい言いたいことがありすぎて、やめます(笑)
とにかく一番好きなギタリストです(あとはサニー・ランドレス、デレク・トラックス、デレクとキモックのからみは紹介されていますが、実はサニーとキモックも実はからんでいるのですよ)

そして唯一のスタジオアルバム、いいですね!
最高です。
Zeroのステージにジェリーがゲスト参加したこともありましたね。
ジェリーがキモックのことを「めっさギター、うまいで」と賞賛したほどです。
2004年?ビッグキャットでのSKBは忘れられません。
そして今年、ブレッカー、ロベン、ビル・エヴァンス(Sax)などと一緒にロドニー・ホームズが来日しまして、僕は「あなたの大ファンや」と言って、ロドニー唯一のソロアルバムを見せ、そこにサインをもらいました。
ロドニーはものすごくフレンドリーでナイスガイでした。
ちっこいけど、パワフルですね。
ドラマーで一番好きです。

あ、いっぱい語ってますね(笑)
このへんで、失礼します。
アキ | 2010/08/08 23:25
アキさん

一番大好きなギターリストなんですね
私は、LIVE行けませんでしたが、相当よかったんでしょうね

サニー・ランドレスと絡んでるのは、知りませんでした。
ロドニーもパワフルですね。
Jim Weiderとかのバックで演ってるのみて感激しました。(笑)
yass | 2010/08/08 23:48
はじめまして。突然のメールお許し下さい。実はかつてアメリカ人の上司が確かこれはSteve Kimock Bandの曲だと思うといってくれた曲のタイトルが知りたいのですが、分かっているのはCDの収録時間が10:08ということだけでして。もしご存知でしたらご教授頂けると嬉しいです。本当に大好きな曲なのにタイトルが分からずはや6年。。。

恐縮ですが、宜しくお願い致します。

Shig
shig | 2011/04/16 13:28
大変失礼しました。収録時間は10:18が正しいです。思い当たる曲がありますでしょうか。。。
shig | 2011/04/16 13:37
shigさん

はじめまして

わたしの持ってるのはEudemonicと、Live From The
West Coastですが、10:18の曲は、無かったです。
お役に立てず、すいません。

それにしても、ナイス!な上司ですね!
yass | 2011/04/20 01:30
yassさん、はじめまして。コメントありがとうございます。他のアルバムに収録されているのでしょうか。。。
shig | 2011/04/29 20:36
shigさん

どーも
そうかと思われます。
East Meets Westもその昔あったのですが、HDクラッシュで
飛んじゃいました(泣)
yass | 2011/04/30 02:17
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK