<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 残暑お見舞い申しげます | main | song catcher >>
The 78project

ムシムシあぢぃぃぃっすなぁ(汗)

まだまだ続きそうで...(泣)

もわっとした外気と、コンクリートの照り返しに

トロケちまいそぅ〜


本日の肴は、デルタの灼熱直情ぶる〜すぅ♪

James Son Thomas♪


ミシシッピーに深く根をおろした

Jamesはん

ふてぶてしぃ表情といい、ギラつきまくった 目つきといい

やっべぇ〜


地元のジューク・ジョイントで、じっくり時間をかけ

熟成された音は、時計の針を止めてもーた

世の中の変遷とは遥か、縁遠い

透明度ゼロのデルタの泥水(笑)


みししっぴー・でぇーぷ・ぶるーす♪


よくぞ、こんな時代錯誤なおっさん

発見してくれました!

****************************************************
 
話変わって、楽しみなプロジェクト 

The 78project!

alan lomaxが、ミシシッピー・デルタを訪れた

1930年代と同じくプレスト社のレコーダーを

携えて、まずは、メンフィス,ナッシュヴィルを

旅する模様ですな♪

そんなドサまわり(笑)前に

Rosanne Cash, Justin Towens Earl 

Richard Tompsonは、Harry Smith Projectでも

取り上げた伝統曲、Clarence Ashley &

Doc Watson(合掌)、Townes Vanzandtでも知られる

Coo Coo Birdを盤に刻みこんではりますな♪

ショウビスの世界と乖離した(笑)James Son Thomasの様な

直情型のギラついた音を発掘して欲しいモノです♪


スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK