<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< The 78project | main | Shake 'Em on Down >>
song catcher
 

フォークソングをこよなく愛し

数多くの現場で、生涯 素晴らしき音を時に自ら歌い(笑)

採取し続けた 愛すべき音楽バカ(笑)

Lomax親子♪







世界を股にかけた音の壮大な旅は

貴重な音の資料という枠を超えて、

壮大なミクスチャー、アメリカ音楽絵巻マップの

楽しさを教えてくれますナ♪



中でも素晴らしいのが、アメリカ南部の巻♪

口承で歌い継がれていく 荒々しい民族文化、音楽の数々...



Robert Johnsonを探しにいったデルタの地で、

発見され、後にシカゴへ向かうきっかけとなった

Muddy Watersそして、Son House 

刑務所では、極悪凶悪犯(笑)Leadbelly,Bukka White

Rev.Gary Davis,Mississippi Fred Mcdowell

Woody Guthrie等々...

彼等が、発見した音楽家も少なくないのだ


Lomaxはんがいなかったら、stonesだって、別名だったかも?

いや、いなかったかも??ちと言い過ぎか...(笑)


なんしか、世界の民謡を 現場至上主義で、

後世に残してくれたのは、大変有難たい事ですナ(笑)

今も多くのアーチスト達が 歌い継ぐトラディショナルの

源流を聴く事が出来るのですから...


こちらは、ご存知Atlantic Recordの、Ahmet Ertegunの

協力の下、アメリカ南部の地を再度踏み入れた記録

素晴らしき民族音楽 

庶民のダンス・ミュージックが

激越に(笑)、深く刻み込まれてます♪

サイコー♪

こちらも(恐らく)まだまだ続く♪(かも)


Mcdowellと同郷の BurnsideのおっさんとJ.S.B.Eのタッグ 

ヒル・カントリーでの ジューク・ジョイント

アンダーグラウンドかつ、ガレージな黒い宴♪

まるでパンクスで、かっちょええ!

刺激しまくる 鋭角な音のシャワーに、

肌が ヒリヒリ してきやがる

やっべぇーぜぃ(笑)

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK