<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< 花粉症 | main | Freedom >>
Rage Against The Machine
私の音楽の楽しみ方のひとつなんですが、音楽と歴史のLINKや
Musician通しのLINKっておもしろいですよね。
最近では、自分がいいなぁと思うものは何でも聴く太刀なんで、
色々聴いてるうちに繋がってたり、逆に繋がり過ぎて訳わからん
ようになったり(笑)その時の時代背景なんかが見えてくると
独りで「へぇ〜」と妙に納得してるもんです。(笑)
といっても、そんなに詳しくはないんですけどね...
こうやってblogやってると本当に色々詳しい人が沢山いて記事
観てるのも楽しいですわ。

そうやって私の好きな音楽を紐とくと必ず闘争だの反逆だの
メッセージが多く、時代背景とLINKしてきます。
そんなかっちょいい音楽に焦点あてて書いてみたいと思います。

1発目は、Rage Against The Machine!!(以下RATM)
60〜70年代こそ社会問題(反体制,反戦,差別問題)に対する
メッセージをもったartistは沢山いるものの最近では、珍しい
怒りに満ちたエナジーを放出してるBANDです。


BAND名も「理不尽な社会構造に対する怒り」という意味なんですわ。

RATM結成後彼らは、自主制作で、人気を集めメジャーレーベルと契約
(敢えてメジャーなレーベルと契約し社会問題と戦う事を決意)
ベトナム戦争中に起こった僧侶の焼身自殺の写真をジャケットに
採用した、衝撃のデビューアルバムを92年にリリース。
アルバムの中身も怒りに満ち溢れたメッセージ色の強い楽曲
を生み出している!!(政治活動かと思うぐらいに彼等の
曲やプロモは、メッセージを叫び続けてます。)

音楽スタイルは、トムのヘヴィーなリフ(ZEPに影響受けた感じが
すごくしますね)に時折入るトレモロやワーミーやスイッチング
奏法を駆使した効果音がすごく印象的。
ボーカルザックは、独特なRHYMEをのせてHIPHOPスタイルで
メッセージを詰め込み、攻め立てる!!

そんな彼等の怒りの矛先は多岐に渡る。
ネイティヴアメリカンの活動家レナードペルティエに対する免罪
釈放運動,警察権力問題,幼児虐待問題,中絶問題,マスメディア
による報道問題,PMRC(歌詞検閲団体)への抗議,イラク戦争等


中でも注力してるのが、ザックがメキシコ系だったせいか
NAFTA(北米自由貿易協定)に対する矛盾だらけの調印だろう。
NAFTAは94年メキシコがアメリカとカナダとの間で締結された。
そもそもこの条約で天然資源に恵まれながらも搾取されてきた
先住民達が、貧困から解放されるはずが、結局彼らの土地は、
結果的に大企業に売却され、依然貧しい生活を強いられる事に...
こんな矛盾に94年EZLN(サパティスタ解放軍)が武装蜂起する。
サパティスタの人々は遂に立ち上がったのである!!
(サパティスタ=チアバスの先住民)
RATMの歌や映像を観てるとEZLNを支援してる事がよくわかります。
勿論、メッセージだけに留まらず、イヴェントの開催やボランティア
活動もしてます。

結局RATMはオリジナルアルバムを3枚残しザック脱退→解散して
しまいました。

私の心残りは、彼等を生で観そびれた事です。 
本間、後悔してますわ。

デビューアルバムとLIVE映像は、オススメです。

彼等のステージには、反対に吊るし上げられた星条旗と
革命家チェゲバラの旗が翻る。
アンプにもチェゲバラのペイントが施されている。
そのステージで、彼等は、抑圧されてきた全ての人の代弁者となり
叫び、狂い、オーディエンスも一体となり、会場全体が異様な雰囲気,
緊張感をかもし出してます。

「俺たちは矛盾だらけの合衆国と戦いぬくんだ!!
 決してプロパガンダなんかではない」と...


Rage Against The Machine / Rage Against The Machine


Rage Against The Machine / Live at the Grand Olympic Auditorium


Rage Against The Machine / Battle of Mexico City
スポンサーサイト
解散してたんですね。レイジ。
怒りの度合いの多いバンド程早く解散してしまいますね。
誰かが死んだり。。。
実は、レイジは聴いた事ありません。
いまから、アマゾンに飛んでみます!
lenmac | 2005/02/05 23:18
そういわれればそうですよね。
伝説やカリスマな存在の人やBANDは短命が多いですね。
駆け抜けちゃうというか...
だからこそ永くやり続けてるBANDの凄さが一段と際立ちますよね!!
Yass | 2005/02/06 01:23
トラックバックありがとうございます。

なんか音楽雑誌の記事みたいでカッコいいブログですね。

rageの歌詞はちょっと難解ですが(もちろん対訳読んで)、音はいろいろ工夫してますよね。

ただ単に叫んでいるだけじゃないところが好きです。
新世界 | 2005/02/08 19:11
新世界さんコメント,TBどーもです。
Rageかっちょええですよね。
もう解散してしまったけど、今の時代にこれだけのメッセージ発信してるBANDってそういないですよね!!
Yass | 2005/02/11 13:44
はじめまして、レイジはかっこいいですよね!!
私の青春の大部分を占めたバンドです。解散を知った時はショックでしたね〜。
オーディオスレイブはあんまり聴いてないんですが、やっぱりザックがいいです!

ブログの方も写真が多くて見てて楽しいですね。参考にさせて頂きます!
革人生活 | 2005/03/04 17:07
>革人生活さん
はじめまして!!
RAGEかっっちょええですね!!
私も大好きですよ。
今の時代にこれだけアグレッシヴなBANDってそういませんよね!!
私も解散した時はショックでしたが、仕方ないかな?とも思いました。(笑)
Yass | 2005/03/05 00:00
TBありがとうございます。激しいですね〜、レイジ。僧侶が燃えてるジャケを見ただけで、社会派振りがわかりますね(間抜けなコメントでスミマセン・笑)。
yu-shio | 2005/10/07 10:06
>yu-shioさん
 すいません。コメント頂きまして...(汗)
Yass | 2005/10/08 18:29
COMMENT









Trackback URL
http://voodoochains.jugem.cc/trackback/205
TRACKBACK
Rage Against The Machine / Rage Against The Machine レイジの出したアルバムの中から1枚を選ぶとなると、非常に悩みます。一番聴いているのは『BATTLE OF L.A.』だったりするけど、このデビュー・アルバムが一番レイジっぽいっていうことでピックアップ。 まず
Rage Against The Machineの考察 | 私的考察 | 2005/02/06 05:13
まずこのジャケット写真をご覧頂きたい。 これはベトナム戦争中に南ベトナムのゴ・ディン・ジェム大統領が行った仏教徒弾圧(彼はキリスト教徒)に抗議して、1963年にサイゴンで焼身自殺した僧侶ディック・クアン・ドゥック師の写真である。 政府への抗議を全世界に
RAGE AGAINST THE MACHINE 『RAGE AGAINST THE MACHINE』 | PUNCH!PUNCH!PUNCH! | 2005/02/08 19:08
世の中には「それっておかしいんじゃないの?」という事が、あちこちに存在する。日本に関する事で言えば、自分達の無駄遣いを棚に上げ、お金が足りないから経費削減、歳出削減するよりも先に、税金をあげるという日本の政治もそうだし、著作権の事を全く考えない人達だ
RAGE AGAINST THE MACHINE | CROSSPEACE~Rock Story~ | 2006/02/08 05:40