<< April 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< KOSS トリビア  | main | Street Fighting Man >>
The Rolling Stones / Beggars Banquet

The Rolling Stones / Beggars Banquet (1968)

1968年といえばやっぱこのアルバムも絶対私の中では外せない1枚。
Stonesにとっても68年〜70年にかけては、激動の年と位置づけられる。
このストーンズこそ私をルーツ音楽への旅に引きずりこんだartist
なのである!!

このベガーズでストーンズは、実験的なサイケデリック・ムーヴメント
に終止符打ち、プロデューサーにジミー・ミラーを迎え自らのルーツで
ある南部黒人音楽へ傾倒,回帰していく事になる。

キースもブルーズメンの先人達から学び取ったオープンEチューニング
で残念ながらベガーズには収録される事は無かったが、あのジャンピン
ジャックフラッシュをこの時期完成させている。

悪魔的な雰囲気を醸し出しているSympathyやブライアンのスライド
ラインがたまらないNo Expectations等、彼等のルーツである
ブルース,カントリーの南部フィーリングが、詰め込まれてるのと
同時に魔術的で神秘的な世界を創り上げている。
(そんな怪しい所がZEPの黒魔術同様個人的に大好きだ!!)
シンプルな音作りという点では、ジミにも影響を与えた67年発表の
Dylanの「John Wesley Harding」からの影響受けたとメンバーが
語っている。

アルバムのジャケットもかっちょいい。
便所の落書きにある「BOB DYLANS DREAM」の文字こそそれである。


そして問題の69年へ彼等は突入していくのだ...

スポンサーサイト
この、落書きに何が書いてあるか読むのに懲りました(笑)。
本当に、この時期にストーンズがサイケムーブメントに見切りを付けていなかったら、伝説のバンドになっていたかも知れませんね。良かったー。
lenmac | 2005/03/13 23:35
このジャケット、発売するときレコード会社側と問題になったそうですね。
うちにあるのは借り物のレコードなんだけど、ジャケが真っ白いやつなんです。ストーンズらしからぬエレガントなデザインです。




sari | 2005/03/14 22:51
>lenmacさん
色々ありますよね。 BANDのMUSIC FROM BIG PINKもじった落書きにJohn and Yokoの文字にguestのThanks Nickyの文字私も懲りましたです(笑)
そうですね 何かとBeatlesと比較されてたからようやく彼等らしい出発のアルバムですよね。
黒くなっていく予兆というか...

>sariさん
そうなんですよデッカと散々もめてアルバム発売遅れちゃうんですよ。
結局stones側が折れて発売されたものの...
またホワイトアルバムのジャケットと比較されちゃうはめになっちゃうんですよね(笑)
悲しき性です...(泣)
Yass | 2005/03/14 23:39
私のトンチンカンな記事にTBしていただき有難うございました(笑)。彼等は大好きなのですが、彼等を言葉に出来るほどのボキャブラリーがないのが難点です(笑)。
最近Livedoorではテニスネタしかやっていません。もう一つのブログ、Yahoo版で音楽レビューをしてます。趣味が合うか分りませんが、よかったら遊びに来てください。

http://blogs.yahoo.co.jp/donnarin_aa

donnarin | 2005/03/17 14:46
>donnarinさん
??トンチンカン??そんなことないですよ。
またそちらにも遊びに行かせてもらいますね
今後とも宜しくです。
Yass | 2005/03/18 00:43
お初っす。マストアイテムってこのアルバムの事だといつも感じます。おっしゃるように神秘的な雰囲気が充満している感じで、もうたまりません!Let It Bleedより断然好きですね〜。今も偶に大音量で聞きほれてますぅ。Yassさんの渋くセンスの良いご趣味・また勉強に寄らせていただきます!
ezee | 2005/08/16 01:05
どーもです。
そうですね。私も大好きです。
ただ私の場合、ベガーズ〜ミックテイラー在籍時は、どれも甲乙つけがたい(汗)んですよ。
Yass | 2005/08/17 02:11
COMMENT









Trackback URL
http://voodoochains.jugem.cc/trackback/244
TRACKBACK
いわずもがなの名盤です。まずジャケットが違う!と突っ込まれそうですが、私の二十歳前まで私にとってベガーズはこのジャケだったのです。シンプルな筆記体文字のみのジャケに、中開きにはBrian Jonesを含む何やら不気味な雰囲気の晩餐会といったメンバーの写真。この
Beggars Banquet / The Rolling Stones * 1968 Decca | 音系戯言 | 2005/08/08 03:53
JUGEMテーマ:ROCK ベガーズ・バンケット [Limited Edition] [SHM-CD] 本当は入手したての先月カキコしようと思ってたんですが、遅くなりました。 というかちょっと時間がないので一言で凄いしろもんです。 びっくりです。衝撃です。凄すぎます。今まで何十