<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Stevie Wonder / Living For The City | main | Stevie & Stones >>
Stevie Wonder / Black Man
今、僕らが高く掲げる旗のために 
最初に死んだ男は 黒人だった(クリスパス・アタックス)

旗を手に 
僕らが立つこの地は 
始めインディアンのものだった

コロンブスの最初旅で 
ガイド役を務めたのは 
浅黒い男だった(ペドロ・アォンゾ・ニーノ)

汽車の路線を 
引いたのは 
黄色人だった

僕らは忠誠を誓う 
一生 赤、青、白の 
魔法の色にむかって
僕らが支持する自由は 
全員に与えなければならない
でも正義は万人の味方とはいえず 
歴史は繰り返されるけど 
もう学んでもいい時期だ 
この世界は万人のために創られた

初めて 
心臓手術を成功させたのは 
黒人だった(ダニエル・ヘイル・ウイリアムス博士)

清教徒たちを救うために 
命を落とした親切な男は 
インディアンだった(スクウァント)

視界を広げたのは 
白人だった(トーマス・エディソン)

僕の言葉を聞いてくれ
国家の設立日には
国家全体で祝うけど
でもその手を胸に置く時 
覚えていて欲しい
僕らはみなアメリカの一部を担い
あの旗が揺らめくのを助けていることを

アメリカ初の
時計を発明したのは
黒人だった(ベンジャミン・ベネカー)

地図を使わず
ルイスとクラークを導いた団員は
女性のインディアンだった(サカジャーウェア)

この国で
最初に武道を始めたのは
黄色人だった

ペンを持つ指導者
全員を開放すべく署名したのは
白人だった (アブラハム・リンカーン)

この世界は万人のために創られた
神よ万人のために世界を救いたまえ
人々のために
赤ん坊のために
子供達のために
あらゆる色のために
あらゆる人種のために
この世界は君のためのもの
そして僕のためのもの
この世界
僕の世界
君の世界
みんなの世界
この世界
彼らの世界
僕らの世界
この世界は万人のために創られた

僕の言葉を聞いてくれ

人類初めて北極点に足跡を残したのは?
マシュー・ヘンソン...黒人

新世界のサバイバルの秘密プリマスに案内した
最初のアメリカ人は?
スクウァント...インディアン

第1次世界大戦でその勇気と英雄精神を
高く讃えられたカンパニーGの兵士は?
シン・キー...黄色人

農業従事者連合の指導者で
農奴に尊厳と敬意をもたらす助けをしたのは?
シーザー・チャヴェズ...褐色人

血漿の発見者であり
赤十字の血液銀行の監督を務めたのは?
チャールズ・デュー博士...黒人

ルイスとクラークの遠征を助けた

アメリカ女性初の英雄は?
サカージャ・ウェア...女性インディアン

著名な教育者であり意義学者で
アメリカの教育に顕著な貢献を果たしたのは?
ハヤカワ...黄色人

世界で初めて信号機とガス・マスクを発明したのは?
ギャレット・モルガン...黒人

神経外科の創立者のひとりである
アメリカ人外科医は?
ハーヴィー・ウィリアムス・クッシング...白人

国家の首都の構想を助け、アメリカの時間を刻む初の時計を作り
初の年間を書いたのは?
ベンジャミン・ベネカー...黒人

イロコイ人の連盟設立を助けた伝説的英雄は?
ハイアワーサ...インディアン

アメリカ初の微生物学センターのリーダーは?
ミチョ・クーシー...黄色人

1722年にシカゴ市を設立したのは?
ジャン・バプティス...黒人

アメリカン・インディアン運動の組織者のひとりは?
デニス・バンクス...インディアン

クリストファー・コロンブスのアメリカの旅を
スポンサーするために資金を集めたユダヤ人資本家は?
ルイス・D・サンタンゲル...白人

数え切れない奴隷たちを秘密の鉄道で
自由へと導いた女性は
ハリエット・タブマン...黒人女性

Lylics:Stevie Wonder

From the album:Stevie Wonder / Songs In The Key Of Life (1976)
スポンサーサイト
訳詞ありがとうございました。本当に久しぶりにキー・オブ・ライフを聴いていて、いつもなら長くて挫折しそうになるBlack Manを聴いて、この子どもたちは何をそんなに声を張り上げて言っているのか気になって調べていました。黒人も黄色人も白人も我々が行きている「今」を作ってきた人たちなのだという内容に救われました。マルコムX的なアジテーションなのかと思っていました。
それにしても、スティービーワンダーのこのアルバムはすごいですね。だいぶ昔に友人に貸したまま帰ってこないままになっていますが…。
jiro Hatta | 2019/06/22 09:28
COMMENT









Trackback URL
http://voodoochains.jugem.cc/trackback/362
TRACKBACK