<< July 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< The J.B.'s / Funky Good Time: The Anthology | main | Keith Richards / Talk Is Cheap >>
うーん 悩んだ。
本日は、クラプトンとストーンズの新譜が出る事もあってミーハーな私は、
タワレコに直行!!
お店に入るまでは、2点持ってレジに並ぶ予定が...
違う2点持ってレジに並んでました。(汗)
結構悩んだんですが、試聴したらあまりによかったんで、そちらの誘惑に負けてしまいました。(笑)

ほんでもって買ったのがこのCD。

Jamie Oldaker / Mad Dogs & Okies (2005)

Chicago Blues Harmonica Project / Diamonds in the Rough (2005)

Chicagoはまだちゃんと聴けてないんやけど、Mad Dog...は、只今1回転しました。
コレええです!!
ジェイミー・オールデイカーが色々なartistとコラボして作り上げた作品。
ジェイミーといえば、クラプトンの超名盤「461OCEAN BOULEVARD」のDrを叩いている人。

ゲストには、クラプトン,タジ・マハール,トニー・ジョー・ホワイト,ピーター・フランプトン,J.J.ケール等早々たるメンバーだ。
演奏も凄く心地よく渋い。
クラプトンの曲ええ感じです。
それ以上にJ.J.ケールがかっちょいいです。
しばらくヘヴィロー行き決定です!!

スポンサーサイト
へえ、おもしろい作品が出ましたねこれは注目。
昔、彼とジェフポーカロの区別がつかず恥書いたことがありました。似てた時期があったんですよ、風貌。
ち〜旦 | 2005/09/01 22:41
僕は最初の2点持ってレジ並びました(〃▽〃)キャッ
『Mad Dogs & Okies』なんか良さそうですね。
ジャケットもかわいいし。犬。
もしかしてジャケ買いですか?
おいら | 2005/09/01 23:11
>ち〜旦さん
 笑 そーなんですか? ちなみにジェフもサイモン・フィリップスも好きなドラマーです。(笑)
このアルバムほんまええですよ。
凄く南部フィーリングがつまってますわ。

>おいらさん
 いやいや 財政難なんで、ジャケ買いは出来ませんですわ。(笑)ブログ徘徊してるとただでさえ、欲しい聴いてみたいと思う音源がいっぱいあるもんで...実は、この2枚にしたのも、かなり悩みまして(大汗)本当は、ストーンズとクラプトン入れると6枚の中から断腸の思いで決断した次第でございます。(笑)ほんまきりないですよね。ヤバイヤバイ!!
Yass | 2005/09/02 00:51
これは興味を惹かれますね。あの頃のクラプトン・バンドよかったな〜。それはそれとして、ストーンズ、クラプトンと比べてこの2枚を買う気持、わかります。
yu-shio | 2005/09/02 14:43
これ、聴けば、聴く程ええですよ。
なんかはまっていきますわ。(笑)
Yass | 2005/09/02 18:37
COMMENT









Trackback URL
http://voodoochains.jugem.cc/trackback/372
TRACKBACK