<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
<< サザン・クロス | main | 3日坊主 >>
Johnny Hickman / Palmhenge
初めてamazoneでお買い物をしました。

Johnny Hickman / Palmhenge (2005)

このアルバム何故?か近所の大型外資系某CDショップのデータベースにも載ってなくて取り扱えません(涙)との事でamazoneへ発注しましたが...
1カ月程待たされて、ちょっと前に届きました。

うん。いいです。
このジョニー・ヒックマンって言うお人やけど、私が、90年代結構好きで聴いてた
CrackerというBandでVo&Guやってた人なんですわ。
もろアメリカン・ロックな事やってましたが、たまに垣間見れるカントリー・フレイヴァーや何と言ってもメロが凄くええんですわ。
ZEPやNeil Youngのカバーなんかもやってましたな〜。
それも意外にはまってかっちょよかった!!

最近久々に聴いて、HPに行ってみると、ソロ名義でアルバム発表の記事と試聴してみたら、ええやんと思いamazoneでポチッといってまいましたわ。

聴くと予想以上にええからクリビツですわ。
Crackerよりいいから困りもんです(笑)
よりルーツに戻った感じがアルバム全体からしてますわ。
相変わらずメロが、泣かせます。 なんか懐かしくキュンとくる感じです。(笑)
特にラストナンバーの「Beauregarde's Retreat」グラム・パーソンズを彷彿とさせるカントリー・ロックです。
間違いなく、グラムの影響でしょうな...

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
http://voodoochains.jugem.cc/trackback/397
TRACKBACK