<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< V.A. / Soul Christmas | main | 2005 Favorite Album #2 >>
2005 Favorite Album #1
今年も、はや残すとこ1週間きりました。
仕事納めでこの忙しい中、風邪をまたもやひいてしまった。(汗)
今年3回目ですわ。トホホ(泣)あー情けな...

さて、2005年も僅かという事で、今年のベストなアルバム達を紹介しようと思います。
今年も色々いいアルバム出会えたんで、思い出すのも結構大変ですが(汗)思いつくままに挙げていきたいと思います。

それにしても、今年は、後半にええアルバムのリリース・ラッシュが、続きましたなぁ〜。
お楽しみのレイ・チャールズのBoxsetも本日クリックしてしまい、見事にお財布はすっからかん状態ですわ。(泣)

という訳で一発目はやっぱこの人かな?(笑)
John Hiatt / Master Of Disaster (2005)

Buffalo Recordレーベルから出たジョン・ハイアットの新作。
ほんまよく聴きましたな。

アーシーでフォーキーで、南部の匂いと哀愁があり、なんともメロがいい!!
私の中では、この新作、彼の沢山あるアルバムの中でもBestの部類に入りました。
バックの音もさながら、ジョン・ハイアットのボーカルがすごくいい味が出てて、泣かせますよ。
聴けば聴く程に味が出るアルバムですわ。

バックは、ここのblogでも何かと出てきてる、ディキシー・フライヤーズのジム・ディッキンソンをプロデューサーに迎え、ジム・ディッキンソンの息子達ノース・ミシシッピー・オールスターズにマッスル・ショールズリズム隊デイヴィッド・フッド等南部人が集結しており、ジョン・ハイアットをしっかり、支えてますねん。

そして、私の何よりもの収穫が、このBuffalo Recordレーベルの存在です。
このレーベル、ほんまええ音楽発信してますわ。
私の琴線を見事に震わすartistがいっぱいです。
こういうレーベルこそあんまり大きくならず(笑)頑張って欲しいもんと切に願いたいもんです。


スポンサーサイト
えっ?JOHN HIATTこんなアルバム出してたの?。しかし、このジャケット最悪だね〜、「みちプロ」じゃあないんだからさぁー。
ネオンパーク | 2005/12/27 23:03
こんばんわ。

2005 Favorite Album … 僕の Blog にも載せましたので TB させていただきました。よろしくお願いいたします。

>John Hiatt
いきなり塩辛いところから来ましたね♪
ocean | 2005/12/28 02:36
>ネオンパークさん
そうなんですよ。今年出てたんですよ。それもすごくいいアルバムですよ。
ジャケの意図は、ジョークかどうかは分かりませんが、(笑)中身は本気です。(笑)

>oceanさん
どーもTBにコメント有難うございました!!
塩辛いとこって??(笑)
Yass | 2005/12/28 23:13
>塩辛い
仲間内で John Hiatt のことを、アメリカの鳥羽一郎と呼んでおりますので♪
ocean | 2005/12/28 23:26
>oceanさん
鳥羽一郎って塩辛い存在なんですか?(笑)
すいません。全然分かってないもんで(滝汗)
Yass | 2005/12/29 17:09
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK
みなさんのところで、今年の Favorite 企画を拝見したので僕も... と思ったのですが、今年はレコードからの CD 買い直しや、リマスター CD への買い換えがほとんどで、純然たる新譜はほとん
Favorite Album Of The Year - 2005 | There's One In Every Crowd | 2005/12/28 02:34