<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

<< Van Morrison / Keep It Simple | main | The Refleshments / Are You Ready >>
Geraint Watkins / In A Bad Mood


Geraint Watkins。

イギリスの裏方の屋台骨を支える、
パブ・ロッカー。(笑)

決して、陽の当たらない(笑)
サイド・マンですが、哀愁漂う音は、
唸らずにはいられまへん!!

まぁ裏方さんは、至ってこんなもん
なんでしょうが...(笑)

私にとっては、英国のDan penn!
といっても過言ではありまへん。



音に魔法をかけれる、artistでもありますねん。

今やNick Loweの片腕ですが、昨日のVan Morrison はじめ、Dave Edmunds
Bill Wyman,Mark Knopfler,Emmylou Harris,Paul McCartney
Rory Gallagher,Dr.Feelgood,The Fabulous Thunderbirds等々...
その華麗なる(笑)裏方ぶりが、分かりますなぁ〜

Nick Loweのこのアルバムでの、サポートも記憶に新しいトコですが、
(Bill Kirchen,Chris Barberも参加!)
Nick Lowe / At My Age (2007)


中でも、Bill Wymanのサポートやってはるんが、よろしおまんねん!
Willy and The Poor Boys / Same (1985)

Ronnie Laneを救う為に、Bill Wyman が立ち上げたBandで、英国ロッカー達が
自分達のルーツである1940〜50中心に、ご機嫌ロケンロー!!を取り上げてます。

何も考えずに楽しめる盤です!!
Stonesのメンバーに、Andy Fairweather Low,Jimmy Page,Paul Rodgers
Micky Gee 等メンバーも豪華ですな。


いきなり、厚底ブーツにスパークル衣装(爆)のGary GlitterのBaby Please 
Don'tGo(そういえば、Aerosmithも取り上げてましたなぁ〜)から始まり、
Chuck Berry,勿論!!Cosimo Matassa産のロケンローも転がりまくるわ〜
Allen Toussaint,Clifton Chenierは、勿論ザディゴ蛇腹パーティーと楽しいですね!

Bill Wyman'S Rythm Kings / Anyway The Wind Blows (1998)

Rythm Kingsの方も気の合う仲間と好きな音やってるんが、実に微笑ましい一枚。
Eric Clapton,George Fame,Peter Flampton,Albert Lee,Mick Taylorと
コチラも豪華!勿論、Geraint Watkinsさんもエエ仕事してはります。
こちらは、更にBill Wymanの懐の深さが、垣間見れる、バラエティーに富んだ曲
が並んでおります。
2枚共に、Bill Wymanのセンスがキラリと光るアルバムですね。
Keith Richardsが、口にしてはる「ロックは、ロールさせなくちゃ意味がないんだよ」の
正にロール部分が、凄く気持ちエエんですわ。

そういう意味では、ロールの歯車の欠けたStonesにとっては痛手でんなぁ。
このアルバム聴くと、つくづく思いますわぁ〜

そういえば、Faces再結成のベースは、Bill Wymanのようですね。
勿論といっては、失礼ですが、(笑)Rodは、不参加のようですが...
もう、間もなくお披露目です。
何演るんやろか? 気になる所です。

ついついサイド・ワークに時間割いてまいましたが...元に戻って、そんな素晴らしい
アルバムにも一役買っております、Geraint Watkinsさん。
南部音楽にも造詣深く、New Orleans やLouisiana Cajun Zydeco
踏襲したBalham Alligatorsという最強にかっちょええバンドも率いております。

そして、昨年は、こんな素敵なアルバムを届けてくれはりました。
これが、もぅたまらなくエエんですわ〜。
Geraint Watkins / In A Bad Mood (2008)

勿論、2008Best盤!!
いつもは、Nick Loweのバックを務めてますが、今回は勿論、逆!

1曲目のポロロ〜ン(笑)とトレモロ・ギターが鳴った瞬間、別世界に連れていかれます。
まるで、Dan Pennの曲を聴いてる感覚と同じ感覚に陥るかのようです。

アルバム全体的に言えるんでが、凄くセンスええっすよね。 この人。
無駄な音がないというか、なんというか...
めっちゃ!ええ塩梅で楽器が、鳴ってくるんですよ。

中でも、Championと、Unto You もうこれ最高!!
ストリングスとピアノと哀愁の蛇腹の織りなすハーモニーが...
(なんか、ひこまろっぽい言い回しになったなぁ〜・爆)
ホンマ最高で、思わず泣きだしそぅです!!
めちゃめちゃええ曲ですね!
感傷的になっちゃいますよ。 素晴らしい!!

あまりに裏方過ぎてか?(笑)こんなに素晴らしいアルバムが、ほぼ発売と同時に
廃盤になってもーてamazonでもとんでもない値段で売られてましたが、
今は、ジャケも曲も増えてまた復活してります。

Geraint Watkins 
  / In A Bad Mood (Deluxe Expanded Edition) (2009)

普通のCD屋にはおいてないようなブツなんで、気になった方は、
無くならない内に、早めに買いましょう。(笑)
これは、ほんま名盤でっせ!!
自信もってオススメします。 

間違いなく、あなたを別世界へ連れていってくれはるでしょう!!(笑)

スポンサーサイト
COMMENT









Trackback URL
トラックバック機能は終了しました。
TRACKBACK